2019.07.17 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2010.03.31 Wednesday

[漫画][ネタ]西岸良平「ミステリアン」

  コンビニで「西岸良平作品集 ミステリアン」を購入。

  表紙のキャッチコピー、

    「欲望のかけらもない星から欲望の星、地球絵ミステリアンがやってきた」
    「愛も性もギャンブルもお酒も初体験。欲望渦巻く星で彼女は生きていけるのか?」

とあるように、地球の文化と人類についての調査活動を行う宇宙人を主人公にしたSF漫画、です。

  外見は人間と変わらないものの色々な特殊能力を持ち、また殆ど老化することもないミステリアン。彼女が様々な人と接することで地球について、人類についての理解を深めていきます。地球への愛着がわいてきたところで唐突に迎える最終話の展開にはちょっと当惑させられましたが。

  西岸良平というとその独特の絵柄と「三丁目の夕日」「鎌倉物語」といった郷愁あふれる作品の印象がありますが、こうした一風変わった雰囲気の漫画を描かれているようです。絵柄については一見して西岸氏と分かるものですが。

  で、何故この本を買ったか?それは・・・この作品の中に「スター・ウォーズ」というタイトルのものが収録されていたからに他ならない。とはいっても本編中に「スター・ウォーズ」のパロディがあるとか、そういうわけではありませんでしたが、


参)
作品リスト−西岸良平まんが館
   ・・・1983年〜1984年にかけて連載された作品のようです。

西岸良平作品紹介その1 「ミステリアン」編 今をトキめかない-ウェブリブログ
西岸良平 - Wikipedia


2019.07.17 Wednesday

スポンサーサイト

  • -
  • 22:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SW馬鹿一代 on Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

アクセスカウンタ Powered by i2i
合計:
今日:
昨日: