2013.01.21 Monday

[ランキング]歴代ワースト映画25

  アメリカのサイト「Rifftrax」が行った「歴代のワースト映画25本」の投票の結果、が紹介されています。


一体どんな作品が不名誉なランク入りを果たしてしまったのでしょう。

続きを読む >>

2011.09.30 Friday

[ランキング]「コンプリート・サーガ」、全世界でも大ヒット


ブルーレイ「スター・ウォーズ・コンプリート・サーガ」が、発売わずか1週間で全世界売り上げ100万セットを達成。

『スター・ウォーズ』ブルーレイ、1週間で全世界売上8,400万ドルの世界記録樹立!ルー・カス・フィルムが発表(シネマトゥデイ)
『スター・ウォーズ』BD-BOX、発売後1週間で全世界100万セットを販売 - Phile-web


スター・ウォーズ公式サイトの記事はこちら;

StarWars_com  Thank You For Making Star Wars on Blu-ray A Huge Success


  全米では1週間で51万5000セット、全世界で100万セット売れてブルーレイ売り上げの世界記録・・・とありますが、どうもこれは「ボックスセット」としての記録のようです。

以下のロサンゼルスタイムズの記事によると、「アバター」のブルーレイは北米とカナダで4日間で270万枚の売り上げ、また「ダークナイト」は290万枚となっています。

'Avatar' breaks all-time Blu-ray sales record in just four days [updated] - latimes.com


ともあれ、1週間で100万セットを売り上げたのは快挙であるのは間違いありません。それだけ「スター・ウォーズ」がファンに愛されていることを示す結果だと思います。


2011.09.27 Tuesday

[ランキング]Forbesの富豪ランキング

アメリカの経済誌Forbesが恒例の富豪ランキングを発表しました。

Forbesの米富豪ランキング、ザッカーバーグ氏が急伸--トップは引き続きゲイツ氏(CNET Japan)


Forbes 400のページはこちら。
Forbes 400

1位は常連のビル・ゲイツ氏で、推定総資産額590億ドル。
で、われらが(?)ジョージ・ルーカス御大はといいますと・・・。

   推定総資産額32億ドルで、第107位
・・・で、ありました。

George Lucas - Forbes
こちらのページには他にもForbesの各ランキングの順位が掲載されています。

#107 Forbes 400
#347 Forbes Billionaires
#110 in United States
#42 Celebrity 100
#10 in Money
#94 in TV/Radio
#81 in Press
#82 in Social
#67 in Web
2400億円近い資産・・・まったくもって想像のつかないほどの金額であります。


関連記事)
[ランキング][ニュース海外]フォーブス誌発表の全米長者番付2009年版(2009/10/4)
[ランキング][ニュース海外]2008年の富豪(海外編)(2009/03/22)


2010.05.10 Monday

[ランキング]映画の中の女性像

イギリスの雑誌「Radio Times」が行ったアンケート調査、です。

映画の中の好きな女性像、女性はオードリー・ヘプバーン、男性はウルスラ・アンドレス(シネマトゥデイ)

元記事はこちら。

Audrey Hepburn voted top female movie icon - Blogs - Radio Times

以下のようなランキングになっています。


2010.04.24 Saturday

[ランキング][雑誌]映画史上最高の相棒

  雑誌「DVDでーた」2010年4月号の読者アンケートによる「今月のお題」ランキングから。
この号でのお題は「映画史上最高の相棒といえば?」で、その第3位に「C-3PO&R2-D2」がランク入りしていました。R2と3POの掛け合い漫才(?)といい、マイペースなR2と心配性で災難続きの3POといい、この2体のコンビはとても印象的です。このランク入りには納得。

DVDでーた.com|読者アンケートランキング
 ・・・”第54回 「映画史上最高の相棒といえば?」” のリンクに載ってます。

DVDでーた2010年4月号_「映画史上最高の相棒といえば?」




ベスト10は以下の通り。カッコ内は作品名。
  1位 マータフ&リッグス(リーサル・ウェポン)
  2位 カーター&リー(ラッシュアワー)
  3位 C-3PO&R2-D2(スターウォーズ)
  4位 ドク&マーティ(バック・トゥ・ザ・フューチャー)
  5位 ジョン&ジェーン(Mr&Mrs.スミス)
  6位 タカ&ユージ(あぶない刑事)
  7位 サンダンス&ブッチ(明日に向かって撃て)
  8位 ウィル&スパロウ(パイレーツ・オブ・カリビアン)
  9位 マーカス&マイク(バッドボーイズ)
  10位 バットマン&ロビン(バットマン)


参)
DVDでーた.com


関連記事)
[ランキング][雑誌]「DVDでーた」2009年6月号(2009/06/22)
[ランキング][雑誌]「DVDでーた」2009年4月号(2009/05/07)

カテゴリ「賞・ランキング」の記事一覧


2010.03.08 Monday

[賞]アカデミー賞2010(結果)

JUGEMテーマ:アカデミー賞


  「ラジー賞」のほかに「アカデミー賞」で検索して当ブログにたどり着く人もいるようで、アクセスがちょっと伸びています。ありがたい限りですが、期待されている内容を提供できていないようにも思いますので、ちょっと申し訳ない気も。

  という話はさておき、「アバター」が9部門でノミネートされていた第82回アカデミー賞。現地時間3月7日に授賞式が行われました。
  結果、キャスリーン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」が6部門受賞、「アバター」は3部門受賞に留まりました。2人の監督は元夫婦であったことからちょっと話題になっていました。また監督賞で女性監督が受賞するのはアカデミー賞史上初とのこと。各部門の受賞結果は下記eiga.comの記事にリストがあります。

【第82回アカデミー賞速報】「ハート・ロッカー」作品賞で6冠 元夫との対決制す(eiga.com)
『ハート・ロッカー』が作品賞や監督賞など6冠達成、米アカデミー賞(AFPBB)

  個人的には「アバター」は作品賞や監督賞等の主要部門での受賞は逃し、技術部門系の受賞に終わるのではないか・・・と思っていました。それでも技術系部門で5〜6部門程度受賞するのでは?と思っていたのですが、ちょっと意外です。


2010.03.07 Sunday

[賞]ラジー賞2010(結果)

  前年のサイテー映画を決する「ラジー賞」こと、ゴールデン・ラズベリー・アワード。アカデミー賞授賞式の前夜に発表となりました。
  当ブログでも時期柄、先日の「ラジー賞2010」の記事のアクセスが伸びているようです。
  というわけで、第30回を迎える「ラジー賞」の結果についてざっくりと。


2010.02.23 Tuesday

[ランキング][雑記]歴代興収一位とか、全米興収一位とか


12月に公開された映画「アバター」、2月下旬になっても快進撃を続けています。

人気映画ランキング(2010年2月20日〜2010年2月21日)(eiga.com)

によると、日本での興行成績は公開以来9週連続1位、118億円の興行収入をあげています。

  さて先日の記事で触れたように、この作品は歴代興行収入1位を奪取したわけです。それに関連してウォールストリートジャーナルに記事が載っていました。


2010.02.15 Monday

[ランキング]略奪愛

  なんだかバレンタインデーの前後にポストするような記事ではない気もしますが・・・。
 「世の反感を買った略奪愛カップル」ベスト5という記事を見つけました。

いずれ美化される! 反感を買った略奪セレブカップルのベスト5 - サイゾーウーマン

この不名誉な?ランキングの1位となったのが

  エリザベス・テイラー/リチャード・バートン/エディ・フィッシャー

となっています。映画「クレオパトラ」で共演したエリザベス・テイラーとリチャード・バートンの不倫スキャンダルに関するもの。

こんな記述があります。

  >そもそもエディも『スター・ウォーズ』レイア姫でお馴染みのキャリー・フィッシャーを
  >産んだデビー・レイノルズから略奪。

どういうことなのでしょう。という訳で少々調べてみました。


2010.02.13 Saturday

[ニュースその他]アカデミー賞2010

  ラジー賞の話題が出ましたので、口直し(?)としてアカデミー賞関連の話題を。

第82回アカデミー賞、ノミネートに関するトリビア(AFPBB)

  今回のアカデミー賞では、作品賞にノミネートされる作品数がこれまでの5作品から10作品に倍増したのですが、その効果もあってか「アバター」「第9地区」のSF2作品がノミネートされました。このことを受けて

  >これまで同部門(注;作品賞)にノミネートされたSF作品は
  >『E.T.(E.T. the Extra-Terrestrial)』と
  >『スター・ウォーズ(Star Wars)』の2本

との記述があります。

ウィキペディアに歴代アカデミー作品賞のノミネート・受賞作品の一覧があります。
アカデミー作品賞 - Wikipedia

  確かにSF映画含む娯楽作品は、これまでアカデミー作品賞からは冷遇されていました。ノミネート・受賞があっても主要部門ではなく技術賞関連のものが多かったように思います。

アカデミー賞作品賞10本、今まで避けられてきたSF・娯楽作の行く末は?(WalkerPlus)

  こちらの記事も作品賞にSF作品がノミネートされたのに関連した話題です。
  アカデミー作品賞にノミネートされる作品と実際に観客動員が多くヒットしている作品との乖離が述べられています。とはいってもアカデミー賞は映画「芸術」科学アカデミーが主催する賞ですので、作品賞に文芸作品や人間ドラマがノミネート・受賞するのはやむなしという気もしますし、歴史ある賞があまり大衆に迎合するのもどうかという気もします。

 ともあれ日本では「アカデミー賞ノミネート」「受賞」となると作品にハクが付くと見られているようです。果たして「アバター」は作品賞受賞なるでしょうか。


関連記事)

[賞]アカデミー賞2010(結果)(2010/03/08)
[ランキング]ラジー賞2010(2010/02/11)
[ランキング]「アバター」、全世界興収一位に(2010/01/30)
[ニュースその他]アカデミー賞(2009/02/25)


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SW馬鹿一代 on Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

アクセスカウンタ Powered by i2i
合計:
今日:
昨日: